この日予定ありますか?って聞いてくる人は嫌い。

いきなりなんですが、この日予定ありますか?って聞かれることありませんか?

僕は結構あります。

そのときめっちゃ思うんです。

「いや、要件なんやねん。」と。

よく遊ぶ友達とかだったらわかりますよ。

あんまり面識のない人からもくるんですよね。。

仕事関係の人からも来ます。

要件によって優先順位が変わるじゃないですか。

例えば、友達とごはんの予定がある時間に仕事の話がきた。

これは仕事の内容によって変わりますよね。

しょうもない話やったら断りたいし、超面白そうな話やったら

友達に「申し訳ない!」って連絡してごはん違う日にもできますし。

先に入ってるのが仕事の場合でも、内容によってはすでに予定が入っていても調整する場合もあります。

優先順位っちゅう話です。

もっというと予定が空いていても、要件によっては断りますよね。

そう。つまり「要件」がわからないと、なんとも答えれないんです。

で、まぁ要件がないパターンは大体決まっていて、イベントのお誘いとかが多いです。

「予定空いてます。」って答えたら「こんなイベントやるんで来てもらえませんか?」ってなります。

予定空いてるって答えたから、イベントに興味がなくても行かないって言いにくい。

そんな状況です。

イベントの内容に自信がないってことなんですかねー。

「予定は空いてますけど、あんまり興味ないので大丈夫です。」とか答えたらいいんでしょうか。笑

最初は要件なしのお誘いメールは無視してたんですけど、それはちょっと失礼かなと思うようになり

最近は「微妙ですね。。 場所とか内容によります。要件なんですか?」って答えるようにしてます。

もちろん相手によって対応変えるんですけど。

この一回のやりとりが無駄だし、なんか気持ちよくない。

この時点で一気にやる気なくなります。

で、なんでここで書いたかというと「学生」に多いからなんですよ。

(社会人にもたまにいるんですけど。)

「お前も学生じゃん。偉そうに。」と、思うかもしれませんが

一般的な学生よりはいろいろ経験してるつもりです。

相手の立場になって考えてみてください。

この記事を書いた人

小幡 和輝

10年近く不登校を経験。16歳のとき、活発に活動している高校生と出会い影響を受け、人生が大きく変わる。その経験から「人と人を繋げるキッカケを作りたい。」と強く想うようになり、人を繋げるツールとしてイベント制作をはじめる。 高校3年のときに法人登記。高校生社長となる。 実績として堀江貴文氏を和歌山に招き講演会を主催。学生合同文化祭を主催し、5000人以上を集客など。 世界的な学生起業家のプレゼンテーションアワードであるGSEAに日本代表として出場。自身の経験を話すことで「一歩踏み出す勇気。」を伝えるため、全国各地の学校やイベントでの講演活動やメディア出演も精力的に行っている。