何のキャリアもない高校生が登場。- 知ることは怖いことか

はじめまして!Tobira ライターになった Tanaka Ryoga といいます。
あ、インターネット上では treastrain という名前でも活動しています。
今回の記事では簡単な自己紹介、そして読み物を一つ…

お前は誰だ

名前はさっきも書きましたが Tanaka Ryoga です。
カッコつけて英字にしているだけなので、歴とした日本人ですよ!

青森県に住む高校(高専)2年生です。詳しいことは私の Web サイトをご覧ください。
回りからは”変人”と言われることもあります。自覚はないんだけどな…
最近、自分が思うヤバかった発言は「“JK”っていうブランドが欲しい」……

さて、この Tobira に参加させてもらった理由ですが、Tobira のライターの皆さんが書く
それぞれの記事が読んでいてとても面白かった(いい意味で)というのと、
以前、少し交流(“ネット上で10人くらいの中高生” の中の一人は私)のあった
DaisukeOda が公式ライターをやっているとのことだったので、
参加希望のメールを Tobira に送信しました。

Tobira のライターはすごい人達ばかり

無事、Tobira ライター参加の承認を受けてこの記事を書いていますが、
このページの上部、「メンバー紹介」のページを見たことがありますか?

はっきり言って、メンバーは行動力、発言力、社会を動かす力を持っている人たちばかりです。

「じゃあ Tanaka Ryoga は何か持っているのかよ」

………何もないです。

何もないことをウリにするような、ちょっと悲しい人です。

しかーし!この Tobira という場所で、「学生の可能性を開く」この場所で!
自分を磨いて行ければいいな〜と思っています。

「私 何も出来な〜い」アピールが少しウザいと感じてきた頃かと思いますが、
私は結構、「日本語」にうるさかったりします。
誤字や脱字、誤用はすぐに指摘したくなります(実は Tobira の記事内にもいろいろあります)。

そんな変人、Tanaka Ryoga をよろしくお願いします。
記事が長い?もうすぐ終わりますよ〜。

知ることは怖いことか

では、ここからは読み物です。ちょっと筆を変えますよ〜。

001

学生の皆さんは、なぜ学校に通っていますか?
今、この記事を読んでいる皆さんはなぜ、インターネットを使っているのでしょうか?
なぜ、宇宙の果てを目指す人がいるのでしょうか。

全てに通ずる解答はひとつ、「知るため」です。

2011年3月11日、私は次の日に家族で埼玉に旅行に行く予定があったので、ウキウキした気持ちでいました。
しかし、激震が全てを壊しました。電気は止まってしまったので、カーナビでテレビ中継を見ました。
映っていたのは自分の住む街、夏には花火大会で賑わう場所でした。

その画には海も映っていました。底が見えるほどに引いた海水、鳴り止まないサイレン、
走る人々、次の瞬間ゆっくりと、黒い水が高さを上げてきました。全てが黒くなりました。

画面に映っていた走る人、その人はもうすぐ悪魔が全てを襲ってしまうことを
「知って」いたのでしょう。難を逃れることができました。

 

時は進んで2015年12月、市中心部に来ていました。何だか騒がしいなと思って、
ふと自動車の窓から覗いてみると平和安全法制、安保法案に反対する人々が街を歩く人々に訴えているようでした。
「戦争法案反対!」「安倍をやめさせろ!」そう彼らは声を上げていました。
周囲の人々はほとんど気にすることなく、少し哀れな目を彼らに向けて
「うるせーなぁ」という表情になっているようでした。

私もそのうちの一人でした。
「この人たちは内容をよく分からないままに、ただ声を上げているだけじゃないだろうか。」
「もっと核心をつく、反対の声をあげられないのだろうか。」

絶えず、様々な情報が流れていくこの現代で、人からよく聞きます。
知ることは怖いこと。」「もうそこら辺でいいんじゃないか。」

 

私はこのように考えます。「知らないことは損すること。
何も知ること全てが得することだとは思っていません。
「一度知ってしまえば、もう知る前の状態に戻ることは出来ない。」確かにそうです。
目を背けることの出来ない現実がそこにはあるのです。
学校生活、友人との関係、いじめ……「知りたくない情報」に私たちは囲まれて生きているのです。
それを、「興味ない」「めんどくさい」「知りたくない」…
それらの言葉を使って撥ね除けてしまっていいのでしょうか

私は きれいごと があまり好きではありません。でも、これは現実です。
自分の前に立ちはだかる現実をうまく乗り越えつつ、自分を貫いていける人が成功する人だと考えます。

 

読み物はおしまいです!この記事の文字数カウンターが1900字を超えました!
おそらく、「1本目の記事から字を書きすぎだ!」と怒られてしまうでしょう…。

なにとぞ、今後よろしくお願いします!
Tanaka Ryoga でした!

この記事を書いた人

Tanaka Ryoga

青森に住む「特にキャリアがない」ことが取り柄の高専生。 こっそり iOS App を開発してたり、ちょっと大きな物事に取り組んでみたり…。 周囲からは「変人」って呼ばれてるけど、そんな自覚ないんだよな…。 Twitter のフォロワー募集中。2016年中に企画を一つ、やりたいと思っています。