『こだわり』をさがして ~おいしさから価値観を考える~

 

みなさんは、行列のできる料理店に疑問を感じたことはありませんか?

「おいしい」は価値観です。みんながおいしいと思うものは、本当に「おいしい」のでしょうか?

 

 

 

おいしいとはどういうことか

『空腹は最大のスパイス』という表現、よくよく考えるとちょっと過剰でおもしろい。

 

これはつまり、どんなに丁寧にきれいに作られる和食も、おなかのすいた人の前では、すぐにでてくるハンバーガーには勝てません。

だとすると、いよいよわからなくなってくるのは、この『おいしい』ということばです。

ではおいしいとはなんなのでしょうか。

 

上記例のように、味というのは、環境や体調、はたまた状況が変われば、変わります。

おいしいというのは、単なる味ではありません。

 

 

おいしさの要素

単なる味でないとはいったものの、おいしいと思うからにはそもそもそう思わせる味や価格は確かに必要です。商品そのものの価値においしさを感じるということです。

 

また、自分がおいしいと思った食事を思い出してほしいのですが、大体楽しく食べているときではないでしょうか?

誰と食べているか、どういう雰囲気の場所で食べているか、どんな体調の時に食べているかというのも、立派なおいしさの基準であるといえます。

 

 

“行列”に左右されない

『おいしさ』とは個人の価値観のおはなしです。

そうなってくると、みんなが行列をつくる『おいしい』には、少し違和感があります。

 

個人の価値観であるはずの「おいしい」が、平均化されたものが行列という結果になっているのであって、間違っても「行列」=「おいしい」ではないのだと力説したいところです。

 

 

 

『こだわり』をさがして

「やっぱり並ぶだけあって、このお店はおいしいなぁ」

こういった考え方が悪いとはいいません。

ただ、先入観にとらわれて、自分の価値観をわすれていないかな、と、わたしはつい思ってしまいます。

 

なんとなくおいしいと思うのではなくて、それを「おいしい」と思っている理由を探してほしいのです。

自分の価値観というのlは案外つかみどころのないものです。その価値観を考える癖がみにつけば、『こだわり』が見つかるのではないかと思います。

 

『こだわり』を理解しているというのは、どこかで絶対に自分の武器になります。己を知ることによってわかることは、世の中にたくさんあります。

 

その『こだわり』をさがす足がかりとして、まずはみなさんも、ご自分の「おいしい」を考えてみませんか?

 

 

この記事を書いた人

大塚 千明

なんの変哲もない大学生です。 暇な時間をどうすごせるかにその人のセンスがかかってると思ってるタイプ。 ステキなこと、おもしろいこと、たのしいことがすきです。 大事にしていることばは「人生が想像通りになるほど、人の想像力は豊かではない」