Twitter のバルス祭りに見る日本の社会

2016年1月15日 金曜日 午後9時から、天空の城ラピュタ 40分拡大ノーカット版が
日本テレビ系列 金曜ロードSHOW! で放送されます。

天空の城ラピュタ… 何度もテレビ放送されていますが、しっかりと見たことがない私です…。
ただ、「ラピュタ」と聞いてすぐに思い浮かぶことといえば…

バルス…

バルスゥゥゥウウウウウウウウウィィィィァアアアアアアア!!!!!

あの呪文、バルス ですよね。

ここでバルスについておさらいです。

バルスとは、アニメ「天空の城ラピュタ」に出てくる呪文の一つ。
ラピュタ崩壊の呪文。ラピュタ語で「閉じよ」の意味。

バルス (ばるす)とは【ピクシブ百科事典】より

すでにご存知のことかと思いますが、この呪文、Twitter などのサーバーを崩壊させる(落とす)ことで有名なものです。
というのも、テレビ放送で「バルス」の場面に合わせて一斉に「バルス」とツイートすることからサーバーに負荷がかかってしまい、
Twitter に障害がおきるということが起きてしまいます。
2013年のときはこのような結果となりました。

すでにバルス!! みんなの時刻予想 – 金曜ロードSHOW!「天空の城ラピュタ」という Web サイトもあります。

この独特な日本の Twitter 文化について少し掘り下げていきたいと思います。

Twitter でニュースがわかる

日本の Twitter はニュースに関するツイートが他に比べて突出しています。
そこで Twitter 社は公式アプリに「ニュース」機能をつけました。

News-image

こちらですね。私もよく使います。
ニュースの見出しを選ぶと各メディア等の公式アカウントによるツイートが表示されたり、一般ユーザーのツイートも表示されたりします。
見きれないほど多くのツイートが表示されますよね。
日本のユーザーがどれだけ時事ネタをツイートしているかがわかります。

協調性を気にする日本人

8554c3b9fddee443496784175a835933_s
海外でもそれぞれの「時事ネタ」があると思いますが、なぜここまで日本は時事ネタをツイートすることが多いんでしょうか。

私は日本で多くの人が乗っかることのできる事象が多いのではないかと考えます。
その一つが地震です。

日本と地震は切っても切れない関係にあります。
2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震では 5,530ツイート/秒 の記録を出しています。
また、過去の地震が発生した時の Twitter を見てみると「地震」や「地震!みんな大丈夫!?」のようなツイートが多く見受けられます。

日本人は「みんなと一緒にいたい」「周りの人と同じ環境でなければいけない」という気持ちが強いことがわかるのではないでしょうか。

元々日本社会は農村社会の延長線上に位置づけられ、協調性が最重要視されてきた。企業活動においても、高いパフォーマンスを発揮するがスタンドプレーが多い人間よりも、目立った実績はないが協調性が高い人間の方が評価される場合がしばしばある。

協調性 – Wikipedia より

実際、日本の社会では協調性のない人は 他人から「面倒だ」「あまり関わりたくない」という風に思われる傾向があります。

「個性」というものもありますが、日本では「協調性の中に個性」がある人が
人気になったりすることが多く、ただただ個性的なだけだと前述のとおりです。

学校生活のなかでも、「協調性の中に個性」がある人が人気者だったりしますよね?

 

日本で生活していく以上、協調性を持ち続けることが重要です。

 

日本の Twitter を見ていると、もっと多くのことが分かりますが、
記事も長くなってきましたのでこの辺で…

この記事を書いた人

Tanaka Ryoga

青森に住む「特にキャリアがない」ことが取り柄の高専生。 こっそり iOS App を開発してたり、ちょっと大きな物事に取り組んでみたり…。 周囲からは「変人」って呼ばれてるけど、そんな自覚ないんだよな…。 Twitter のフォロワー募集中。2016年中に企画を一つ、やりたいと思っています。