東芝が1万人をリストラへ。。大企業って本当に安泰なの!?

2015年の大きなニュース。東芝の不正会計問題。

経営再建のために東芝が21日に発表した「新生東芝アクションプラン」は

早期退職の募集や配置転換により、国内外で1万600人をリストラを行う。

という衝撃的なものでした。

そして、今期の赤字見込みは5500億円とのことです。

ここで問いたいことがあります。

大企業って本当に安定なんでしょうか・・

「安定してるから大企業へ行きなさい。」

みなさん。一度は聞いたことがありませんか?

 

いやいやいやいやいや。。。。

 

全然安泰してないよ!

東芝の社員数は約20万人です。

1万人のリストラってことは20人に1人ですよ。

どこが安泰なんですか。。

東芝以外の事例の話はまとめがあったので貼っておきます。

こんなに多い!日本大手企業の解雇・リストラ、大手IT企業のルネサス・ソニー・パナソニック、グリー

http://matome.naver.jp/odai/2138053394048919801

 

もちろん中小企業だから安泰というわけではありません。

設立30年続く会社は、0.025% と言われています。

1000社のうち3社しか残らないんですよね。

 

だからなにが言いたいの?

 

安泰はないってことです。

大企業に入ってもリストラされる可能性は低くない。

そして、設立30年続く会社は、0.025%

つまり自分が新卒で入って定年で退職するまでに

その会社が潰れる可能性は非常に高いということです。

 

「安定してるから」で会社を選ぶのは止めましょう。

会社の事業が自分のやりたいことなのか

会社の理念に共感できるか

そして、その会社の社長や従業員と一緒に働きたいと思えるのか

 

そんなポイントで会社を選んでほしいと思います。

 

じゃあ公務員がいいね!みたいな話がでてくるのですが

それはまたの機会に。。公務員もまったく安定ではありませんよ。。

この記事を書いた人

Tobira Official

「記事を読んだ学生の人生に、新しいTobiraが開けますように。」 そんな想いで学生ライターたちが記事を書いています。