男は女と、ワカモノはオッサンやジジイと闘わなければならない【転載】

鈴木カンタローです。スーツを着ると胡散臭くなります。

僕のブログに以前書いたことを転載させていただきます。

 

協調性が重んじられる時代は去った。

エラそうなこと言ってますがそんな生きてないので妄想で語らせていただきます。

人間というのは敵がいることによって団結します。それが同種族でなくとも成立します。飢餓、疫病、宇宙人の侵攻、戦争などです。

日本では昔戦争をやっていました。僕は1990年代なので全然知らなかったのですが、猪瀬直樹元都知事の著書である昭和16年夏の敗戦を読んでからなんとなく理解が深まりました。当時の国民は憎きアメ公という脅威から生き延びようと必死でしたから、まさに官民一致団結という風潮だったそうです。

ですが今はどうでしょうか。

どこにも共通の敵はいません。朝鮮がどうのとか、中国がどうのとか言っている輩がいますが、それは一部であり総意ではありません。本当に闘うべき相手だとしても。

 

誰を敵にし、誰と団結すべきか

そんなの最初から決まってます。同年代、同性なんです。

ワカモノ諸君、「五木ひろしの夜明けのブルースが〜〜」とか「アベックだね」とか言われても顔が引きつるだけでしょう。

男性諸君、生理の辛さやイルミネーションの美しさなど1ミリもわからないでしょう。

そうなんです。同世代、同性で団結するしかないんです。

モンストの楽しさとキンタマを蹴られる痛さについて議論していたほうがよっぽど楽しいんです。

 

 

地位や財産を奪い取ろう

まずはこれを見てください。

世代ごとの年収の分布です。

年収分布

年収男女

20〜30歳、女性がショボすぎます。

こんなんでいいのでしょうか。

ダメです。

国の政治も企業の政治も、だいたいは支配している層にいいようにつくられるんです。

政治をしているのも大きい企業の役員もみんなオッサンです。

このままではワカモノや女性が優位になる時代は到底きません。取り入ってばかりでは。

いくら若者支援、男女共同参画と言っても結局支配層がいいような仕組みをつくられるんです。当然です。

今やオッサンが支配していますが、某財閥系企業なんかも昔は20代がメインで、海外プラントを20代の若者一人で複数個立ち上げるなんかザラでした。

リクルートさんなんかも以前は20〜30代がほとんどだったようです。

どうでもいいけど、「定例」とか「見直し体制」とかもとっととなくしたいです。

あれはGHQが終戦後に日本の国力を下げるサボタージュとして導入したものです。それについても今後書きます。

 

勝ちにこだわる

ベッキーとかSMAPとか言ってみんなで叩くのもいいんですが、本質を見極められなさすぎです。マジで。

ベッキーSMAP騒動の最中なにが起こっていたか知ってますか?

ここにそのこととか愚民政策についてまとめてあったので、自信あるひとは答え合わせでもしておいてください。

煽るのはほどほどにしますね。別にドヤれることでもないので。

とりあえず、僕達ワカモノは団結して頑張らないといけないんです。

もう明確に一回負けてますからね。

その一回というのは橋下さんの選挙です。

もう負けたくないです。コンサバは飽きました。

この記事を書いた人

鈴木カンタロー

札幌南高出身 JKMorningというサービスをつくりました。@jkmorning http://jkmorning.com IT屋さんとかPR屋さんとか。拡販コンサル個人でやってます。アフィリエイターやってました。 サンデージャポン出演(第1位)