一歩を踏み出すキャンペーン!!

初めましてとういうことなので自己紹介したいと思います。私は沖縄県在住の高校1年生の上地周(うえちあまね)です。

私は今、沖縄県内で高校生に「一歩を踏み出してもらおう」という活動を行っています。

私の中での「一歩を踏み出す」というのは、自分のやりたいこと、考えていることを思っているだけではなく実際にやってみる事です。

一言に「やりたい事、考えている事」と言ってもどんなものなのか疑問に思うかもしれませんが、それは本当に何でもいいんです。例えば、「100人かくれんぼ」や「逃走中」、「学校についておしゃべり」 などの多種多様な、実際に出来たら楽しいとみんなが思っているイベントがあればそれを本当にやってしまうのです。これをやることで、参加する人たちに「同じ高校生でもこんなことが出来るんだ。なら俺にも何かできるんじゃないかな」と思ってもらうことが出来ます。そしたら沖縄県の高校生が少しずつではありますが積極的になって自分から楽しいと思えることを実際に出来るようになると思います。

ではここで、なぜ私がこのような事をやろうと思ったのを紹介したいと思います。

私は自分の周りの人達にきっかけを作ってあげたいと思ってこのような活動を始めました。活動を始める前、私自身は自分の好きなことを実際にやることの楽しさを知っていたので、県内外で開催されるイベントに自分から手を挙げて参加していました。ある時私は友人に「面白そうなイベントがあるから一緒に参加してみない?」と声をかけました。しかしその時友人から帰ってきた言葉は、「こんなイベントって意識の高い奴とかだけが参加するイベントでしょ。」と言われました。この言葉は私にとってとても意外な言葉でした。

イベント自体は多くの個性を持っている人たちがディスカッションなどをするもので、参加したら絶対に楽しいものでした。実際、この友人を説得して参加してもらうと「こんなに楽しいものだとは思わなかった。またあったら参加してみたい」と言われました。その時私はなるほどなと思いました。一度も参加をしたことが無いからこそ先入観で一歩踏みとどまってしまってうのだと気づかされました。なら参加しやすいイベントがあればその先入観を取り除くことが出来るのではないかと考え今に至ります。

私は参加しやすいイベントを開催する事で、多くの高校生に楽しく参加してもらおうと思っています。

そして、一度楽しい事を知ったら自分でも楽しくなるように何かできない考える人が出てきて何かアクションを起こせば、その人はもう一歩目を踏み出しています。これが広がっていくことで県内の高校生みんなが楽しく過ごせるようになると私は思っています。

S_3567440470512

この記事を書いた人

上地 周

沖縄県の高校2年生、上地周(うえちあまね)です! 県内でteam WHITEという団体の代表をやっています。 基本的には「こんなことやりたい!」や「こんなことをみんなと話したい!」と思っている人達の後押しをしています! 自分自身も、やりたい!と思ったことはなんでも実行しています!! 3月に全国高校生未来会議沖縄県代表として参加し、地域おこしプランコンテストで「内閣総理大臣賞」を受賞しました!!